財政再建への動き

破綻しかけている日本の財政を何とかしようという動きを見届ける
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
財政ブログの更新状況
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
大手銀行の国債保有残高が減少

  J-CASTニュースが12月3日に配信した「大手銀行が国債売り? 「近い将来暴落」の兆しなのか」は、長期金利が上昇しているなか、国債を大量に保有している大手銀行がその残高を減らしていると報じる。日本銀行によると、22年10月末の大手銀行の国債保有残高は91兆8394億円で、前月に比べて0..5%減となっていて、21年10月以来1年ぶりの減少となっているとか。国債の長期保有のリスクを抑えるために短期国債に切り替え、かつ保有残高を落としているとされ、国にとって、銀行は国債を買ってくれる一番の「お得意様」であり、そのお得意様が「リスクがある」と見放しはじめた、と受け取れなくもない行動と記事は評する。

スポンサーサイト
- | 18:20 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。