財政再建への動き

破綻しかけている日本の財政を何とかしようという動きを見届ける
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
財政ブログの更新状況
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
23年度税収は40兆円超え?

 毎日jpが12月3日に掲出した「<税収>11年度は40兆円超える見通し 3年ぶり」〔坂井隆之〕は、23年度の国の一般会計税収が40兆円を超える見通しと報じる。企業業績の回復に伴う法人税収の増加が主な要因で、所得環境の改善に伴い所得税・消費税も増加する見通しとか。40兆円を上回るのは20年度の44.3兆円以来3年ぶりとのこと。野田佳彦財務相は3日の予算関係閣僚委員会で、「23年度税収は22年度の39.6兆円以上になる」との見通しを明らかにし、増収額は明らかにしなかったが、財務省は40兆円を上回ると見込んでいると記事は伝える。国の税収は世界的な金融危機の影響で、21年度に38.7兆円と24年ぶりに40兆円を割り込み、財政悪化の一因となっていたが、来年度も過去10年のピークである19年度(51兆円)を大幅に下回る見込みで、厳しい財政状況は続く見通しと記事は釘を刺している。

 単に、主計の心積もりに過ぎないような気もする。

スポンサーサイト
- | 18:16 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。