財政再建への動き

破綻しかけている日本の財政を何とかしようという動きを見届ける
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
財政ブログの更新状況
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
11月までの21年度累計法人税収がプラスになった

 産経が1月4日に掲出した「4〜11月の法人税収、やっと黒字転換 前年同期比77%減」は、財務省が4日に発表した21年4〜11月の税収が前年同期比23・0%減の18兆168億円となり、前年同月比77・1%減と大きく落ち込んだが、4〜10月まで、収入よりも、納めすぎた税金を企業に返還する還付金の方が上回っていて1兆308億円支払い超の赤字状態だったのに対して、3月決算企業の納付があったことから、1兆1842億円の黒字に転換したと報じる。法人税は前年度の納税実績から仮払いで事前納付するが、業績悪化で分を利益が目減りしたり、赤字に転落する企業が続出していて、企業に払い戻す「還付金」が大幅に膨らんでいた経緯がある。21年度の税収見込みである36兆8610億円(2次補正後の減額予想)に対し、4〜11月に納付された税収の割合は48・9%と依然、半分以下にとどまっているとか。法人税以外でも所得税収が13・4%減の7兆4893億円と低迷しており、消費税収は7・3%減の4兆503億円だったとか。

公表資料:・ 平成21年度 11月末租税及び印紙収入、収入額調 - 財務省「租税及び印紙収入についての資料」(1月4日)

スポンサーサイト
- | 21:46 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。