財政再建への動き

破綻しかけている日本の財政を何とかしようという動きを見届ける
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
財政ブログの更新状況
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
財政健全化に向けた予算制度のあり方について日本経団連が提言
 日経は4月15日に「財政の黒字化へ超党派で公約を・経団連が提言」を掲出。
 記事は、日本経団連が15日、財政健全化に向けた予算制度のあり方について提言をまとめ、この提言では、基礎的財政収支の黒字化などを目指す「歳出歳入改革法」を定め、超党派で5年程度の中期公約を掲げるよう要請していて、行政に対しても財務省や総務省が連携し国と地方が一体となったメリハリある予算配分を進めるべきだとしていると報じる。提言では「政治情勢にかかわらず、長期的な観点から財政規律の回復に取り組む仕組みが必要」と指摘し、歳出歳入改革法を与野党の枠を超えた「コミットメント」ととらえ、基礎的財政収支を国内総生産(GDP)比で減らしていくといった一定の合意形成が必要としたとか。行政に対しては政治のコミットメントに基づく毎年度の予算編成を求め、国と地方それぞれの予算に関係する役所や経済財政諮問会議が連携し、無駄の少ない財政運営に努めるべきだとしているとのこと。
スポンサーサイト
- | 22:57 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。